インターネットのコミュニケーションツールの変遷

main-img

インターネットのコミュニケーションツールと言えばLINEやメール、TwitterなどのSNSを思い浮かべる方が多いと思いますが、当初はコミュニケーションツールはメールとメーリングリストから始まっています。

インターネット黎明期、まず作られたのはメールでした。

知って大満足のIoTマンション関連情報を解説します。

ネットワークが拡大するにつれ、ドメインという仕組みができ、メールアドレスの仕組みができ、順次ツールが作られていき、多人数で競技するための手法としてメーリングリストが作成されて巨大な掲示板としての役割も果たすようになりました。
この当時、インターネットが常時接続であることは珍しく、必要に応じて電話回線で繋げる形がほとんどでした。



そのため、定期的に指定したコンピュータに接続してメールやメーリングリストを交換しあっていました。メールを出してもすぐに届くということはあまりなかったのです。

現在ではほぼリアルタイムにメールでもテキストメッセージでも届きます。
テキストから動画や画像を使える様になるまで10年以上かかっています。

これはOS側での準備ができていなかったこと、回線が動画などの大容量コンテンツに耐えられなかったからです。また、回線使用料がとても高い割に利用者が急増したこともあり、現在と比べて転送量に対しての認識がとても強かったことから動画によるコミュニケーションはご法度になっているところも多かったようです。



IoTマンションの身に付けたい知識

subpage1

現在ではインターネットを利用するユーザーは世界中に多く、IPアドレスが枯渇するのではないかと問題が深刻化していた時期もあるぐらいです。最近ではIPV6の本格運用も始まりその問題は解決していますが。...

more

IoTマンションのよく解る情報

subpage2

インターネットには様々なウェブサービスがあります。動画を見たり、写真を共有したり、チャットをしたりといったものがあり、もちろん音楽関係のサービスもあります。...

more

IoTマンションの最新考察

subpage3

インターネットが世間一般に普及してから10年前後の時間が経ちましたが、IT関連の文明の進化のスピードは他の文化よりも10倍ほど速いと言われております。それが顕著に現れているのは、インターネット回線の速度であると言えます。...

more

IoTマンションの納得の事実

subpage4

インターネット検索エンジンは、それぞれ運営企業ごとに特色があります。検索エンジンなんてどれも同じ、そう考えている方々も多いかもしれません。...

more